「ゲーミングPCおじさん」のイメージ | コンシューマを馬鹿にする | ゲーミングPC

1ダイモス(北海道) WLFy41lF0 2020-06-29 12:22:18

https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1261/202/1_l.jpg

ドットバイドット(英語: dot by dot)とは、 PCなどから送信される映像信号の解像度と、 ディスプレイ装置の物理的な解像度が一致することをいう。

ピクセルが「1対1」で完全一致するため、品質低下の原因となる「拡大縮小」が発生せず、もっとも美しい表示となる。

CRTディスプレイの時代は電子銃の動きを変えることで1ピクセルの大きさを可変にできたため問題になることはほぼなかった。

一方、液晶ディスプレイでは1ピクセルの大きさが固定であるため画質を決める非常に重要な要素となる。ドットバイドットではない場合は強烈が映像の劣化が発生する。ここ最近のOSなどでは「推奨解像度」などとして「ドットバイドット表示になる解像度」を強くアピールするようになっている。

■ドットバイドットでない場合の品質低下

たとえば4K液晶ディスプレイに低解像度でレンダリングした画像を表示すると残念な結果になる。
4K液晶なのに1366×768並に残念な結果になる。

■もっとも高品質な方法
この問題を完璧に解決するにはネイティブ4Kでレンダリングするしかない。 当然ながらパワフルなGPUが必要となる。

■そこそこ高品質な方法
若干品質は落ちる方法としては「レンダリングの最終段階で高品質なアップスケール処理」を行うことで疑似4Kを実現するという手段もある。
PS4 Proがこの方法を採用している。

https://monobook.org/wiki/Dot_By_Dot

TSUKUMO、初音ミクおよびThermaltakeとコラボしたゲーミングデバイス
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1261202.html

続きを読む

Source: 2ちゃんねるニュース超速まとめ+

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

更新情報

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031